Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTドコモ、FOMA通話が無音状態になる不具合で料金を返還

NTTドコモは、FOMAから発着信した通話の一部が無音状態となる不具合が発生したとして、無音状態となった分の通話料金を返還すると発表した。

同事象は、2005年2月10日の18時4分から25日の5時37分にかけて、FOMA交換機の故障により、通話の一部が無音状態となったというもの。また、テレビ電話では画像が静止状態となり、64Kデータ通信では通信ができなかった。パケット通信については、正常に利用できたという。

同社では、同事象の影響を受けたと申し出たユーザーに対して、利用状況を個別に確認したうえ、無音状態となった部分の通話料金を返還するとしている。

(Security NEXT - 2005/03/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ローン申込者の顧客情報を「OpenChat」へ誤投稿 - LINE Credit
PINコード設定求める偽MSメールに注意 - サイトは使い回し
クレカ会員向けサービスにPWリスト攻撃、ポイント交換も - ジャックス
アロマオイル通販サイトに不正アクセス - 偽画面からクレカ情報詐取
「Chrome」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
2019年上半期の攻撃、前期の3倍以上に - F-Secureまとめ
「Android 10」に対応したセキュアコーディングガイド新版
「Firefox 69.0.1」が公開、通知なしにポインタロックできる問題へ対処
オーナー情報を提携業者に誤って提供 - ミサワホーム
育児出産情報サイトにPWリスト攻撃 - ポイント不正交換か