Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTドコモ、FOMA通話が無音状態になる不具合で料金を返還

NTTドコモは、FOMAから発着信した通話の一部が無音状態となる不具合が発生したとして、無音状態となった分の通話料金を返還すると発表した。

同事象は、2005年2月10日の18時4分から25日の5時37分にかけて、FOMA交換機の故障により、通話の一部が無音状態となったというもの。また、テレビ電話では画像が静止状態となり、64Kデータ通信では通信ができなかった。パケット通信については、正常に利用できたという。

同社では、同事象の影響を受けたと申し出たユーザーに対して、利用状況を個別に確認したうえ、無音状態となった部分の通話料金を返還するとしている。

(Security NEXT - 2005/03/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

患者情報が飲食店駐車場で盗難被害に - 半田病院
Androidアプリの脆弱性診断、ソニーDNAがラックに譲渡
アーティストグッズ通販サイトに不正アクセス - 偽決済画面へ誘導
「Cisco PI」「Cisco EPNM」の「REST API」に深刻な脆弱性
CMSの「Movable Type」にオープンリダイレクトの脆弱性
ドコモを装うスミッシング - ID情報や銀行口座情報を多段階に詐取
児童の個人情報含む資料を誤って送信 - 新潟県
契約者情報が委託先から漏洩、委託先社長が窃盗罪で起訴 - NHK
アルペンにPWリスト攻撃 - 攻撃者は複数店舗でポイント使用
ローソン、サイトやアプリを再開 - 情報流出など確認されず