Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京電力、「TEPCOひかり」契約者の個人情報46件が盗難被害に

東京電力は、同社光ネットワーク・カンパニーにおいて、「TEPCOひかり」に契約している顧客46名分の個人情報が記載された工事関係書類が盗難被害に遭ったと発表した。

被害に遭った書類は、請負工事会社が顧客宅に光ファイバー工事を実施するための書類で、契約者の住所、氏名、電話番号といった個人情報46件分が記載されていた。

作業員は、3月4日に翌日作業分の工事関係書類を請負会社より受け取り帰宅した。その際、書類を箱に入れた状態で車内に保管し、車両の施錠を確認したものの、翌日の早朝に車両の盗難に気づいたという。

ただちに警察に通報するとともに付近を捜索しているが、現時点ではまだ発見されていない。同社では、被害に遭った顧客に事情説明を行い、謝罪するとしている。

(Security NEXT - 2005/03/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社