Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京電力、「TEPCOひかり」契約者の個人情報46件が盗難被害に

東京電力は、同社光ネットワーク・カンパニーにおいて、「TEPCOひかり」に契約している顧客46名分の個人情報が記載された工事関係書類が盗難被害に遭ったと発表した。

被害に遭った書類は、請負工事会社が顧客宅に光ファイバー工事を実施するための書類で、契約者の住所、氏名、電話番号といった個人情報46件分が記載されていた。

作業員は、3月4日に翌日作業分の工事関係書類を請負会社より受け取り帰宅した。その際、書類を箱に入れた状態で車内に保管し、車両の施錠を確認したものの、翌日の早朝に車両の盗難に気づいたという。

ただちに警察に通報するとともに付近を捜索しているが、現時点ではまだ発見されていない。同社では、被害に遭った顧客に事情説明を行い、謝罪するとしている。

(Security NEXT - 2005/03/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

EC-CUBE向けの簡易脆弱性診断を無償提供 - SHIFT SECURITY
NECとFFRI、海外製品由来の問題に影響受けない製品を共同開発
学内関係者向けサイトに不正アクセス、PWや個人情報が流出 - 東京理科大
黒大豆の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
償還予定表など顧客情報含む書類が所在不明に - 住宅金融支援機構
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
学生アカウントが乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 鹿屋体育大
MS、月例パッチで脆弱性79件を解消 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
地方でより深刻なセキュリティ人材不足 - 育成方策でパブコメ