Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「公証人役場で認証を受けた」と記載された請求書 - 架空請求新手口

国民生活センターは、「公証人役場において認証を受けた公的な債権証書」と装った請求書を送付する架空請求の新手口に注意するようアナウンスしている。

封筒の表面に「公証人役場において認証を受けた公的な債権証書です」と記載され、確定日付が付与された請求書が届いたという相談が、同センターに寄せられた。中には「催告通知」「会員総合管理」という書類が同封されており、公証人の印が押されていた。

同センターによれば、架空請求業者は、確定日付の付与された請求書を送付することで、請求の正当性を印象づけ、消費者に支払わせようとしているという。しかし確定日付が付与されているだけでは、文書の日付が証明されるだけで、公的な債権証書とは認められない。

同センターでは、対策として、利用していなければ支払わないこと、不安な場合には消費生活センターへ相談すること、個人情報を安易に知らせないこと、請求のはがき、封書、メールなどは証拠として保管しておくことなどを挙げている。

(Security NEXT - 2005/03/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ
関係者や一般人の画像データ含むカメラを紛失 - 大阪府
高校の修学旅行先で個人情報を紛失 - 横浜市
CMSの「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
産官学連携する関西サイバーセキュリティネットワークが発足
個人情報含む統計調査関係書類を紛失 - つくば市
オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT