Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

京大病院で個人情報入りパソコンが盗難 - 治療内容など249件

京都大学医学部付属病院において、患者の個人情報が記録されたパソコンが盗難にあっていたことが明らかとなった。

9日から10日にかけて複数のパソコンが盗まれたもので、一部に氏名、年齢、電話番号、病状、治療内容など、249件の個人情報が記録されていたという。同病院では京都府警へ被害届を提出した。

(Security NEXT - 2005/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

実践的サイバー防御演習「CYDER」を追加開催 - NICT
DM宛名を誤印字、リスト作成時の作業ミスで - スカパー
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
個人情報保護委、小学生対象に標語コンテストを開催
ふるさと納税寄付者へのメールで誤送信 - 様似町
「セキュアSAMBApro」にオンプレミス版 - 「QNAP」採用
アナリスト向けカンファレンス「JSAC 2019」の参加登録がスタート
ネット利用者の4人に1人は対策未実施 - 不安は「個人情報流出」約8割で最多
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
カード決済時の本人認証「3Dセキュア」を狙うフィッシングに注意