Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィー、1月のウイルス検知状況を発表

マカフィーは、2005年1月におけるコンピュータウイルスの検知状況を発表した。

同発表によれば、2004年に引き続きトロイの木馬が多く検出されており、検知企業数でトップ10のうち4種、検知マシン数でトップ10のうち5種を占めている。これらは、不審なサイトから知らないうちにダウンロードすることにより感染するケースが多く、不審なサイトへのアクセス、および不審な勧誘メールに記載されたURLのクリックなどが引き金になるという。

また、「Netsky」の検知数も相変わらず多い。企業ユーザーのほとんどは定義ファイルの更新を行っていることから、個人ユーザーが同ウイルスの検知数を引き上げているのではないかと、同社は分析している。

(Security NEXT - 2005/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

DB管理ツール「phpMyAdmin」に深刻な脆弱性 - 修正版が公開
「Firefox 64」がリリース - 深刻な脆弱性などを修正
MS、2018年最後の月例セキュリティ更新 - 一部脆弱性でゼロデイ攻撃も
「Adobe Acrobat/Reader」、脆弱性87件に対処 - 当初予定より高い重要度
iOS用「ノートン」に新版 - ローカルVPN利用の不正サイト対策など搭載
「Amazon FreeRTOS」の複数脆弱性、詳細公表される - コード実行やDoSのおそれ
ウェブセキュリティの知見問う「徳丸試験」 - 2019年12月より開始
学生がフィッシング被害、迷惑メール約29万件の踏み台に - 新潟大
モバイルアプリの脆弱性診断サービス - インテック
生活保護受給者名簿が所在不明、車の屋根に置き忘れ - 高岡市