Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立システムアンドサービス、不正持込みPCの接続を切断するシステムを発売

日立システムアンドサービスは、不正なモバイルPCの接続を検知し、ネットワークから切断するシステム「オープンネット・ガード NX NetMonitor連携オプション」を、2月4日より発売する。

同製品は、社外からの不正なPCの持込みを防止するソフトウェア「オープンネット・ガードV2.0」と、日立製作所の不正持込みPCの監視、強制排除システム「NX NetMonitor」を組み合わせることにより、企業内に持ち込まれた不正なモバイルPCを切断するもの。

オープンネット・ガードが、勝手に不正IPアドレスを設定して接続する不正接続PCを検知し、その排除をNX NetMonitorへ指示する。それを受けてNX NetMonitorは不正接続PCをネットワークから切断し、継続的な利用を遮断する。同社では、この連携によって情報漏洩、ウイルス拡散の防止に効果があるとしてる。

(Security NEXT - 2005/02/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「制御システムセキュリティカンファレンス 2019」が開催 - 船舶業界の取組も紹介
恥ずかし画像詐欺とランサム攻撃が融合 - 「証拠動画」のリンクにワナ
DB管理ツール「phpMyAdmin」に深刻な脆弱性 - 修正版が公開
「Firefox 64」がリリース - 深刻な脆弱性などを修正
MS、2018年最後の月例セキュリティ更新 - 一部脆弱性でゼロデイ攻撃も
「Adobe Acrobat/Reader」、脆弱性87件に対処 - 当初予定より高い重要度
iOS用「ノートン」に新版 - ローカルVPN利用の不正サイト対策など搭載
「Amazon FreeRTOS」の複数脆弱性、詳細公表される - コード実行やDoSのおそれ
ウェブセキュリティの知見問う「徳丸試験」 - 2019年12月より開始
学生がフィッシング被害、迷惑メール約29万件の踏み台に - 新潟大