Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省がNTTドコモに行政指導 - 個人情報漏洩事件で

総務省は、NTTドコモ九州の個人情報流出事件を受け、同社に対し個人情報の適正な管理の徹底等を文書により指導した。

同事件は、NTTドコモ九州へ勤務していた元派遣社員が信用情報を含む個人情報を漏洩したもの。店舗や保管庫などでクレジットカード情報を不正に入手、ネット上で詐欺グループに売却していた。同社では、事件の概要について12月16日に総務省へ報告したという。

総務省は報告の内容から個人情報の管理が不適切であったとして総合通信基盤局長名の文書により同社に対して遺憾の意を表明、個人情報の取り扱いに係る安全管理措置を徹底し、再発防止に努めるよう指導した。

総務省は、電気通信事業者の保有する個人情報の適正な取扱いを確保するため、引き続き、必要な指導、監督を行っていくとしている。

(Security NEXT - 2004/12/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SEO支援サービスに不正アクセス - アカウント情報流出の可能性
IoTセキュリティにおけるブロックチェーン活用で解説資料 - CSAジャパン
制御システムリスク分析ガイドが改訂 - 工数削減や解説拡充を実施
2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
「FFIEC CAT」用いた金融機関向けセキュリティ監査サービス
即売CDの予約票控えを紛失、配送できない状態に - ローソン子会社
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
2018年2Qのフィッシング攻撃は約1割増 - 国内ホストは低水準
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か