Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本エフ・セキュア、最新のセキュリティ製品を解説する無料セミナーを開催

日本エフ・セキュアは、同社のウイルス対策、Linux戦略、および最新のセキュリティ製品について解説する「F?Secure実践セキュリティセミナー」を、2005年1月に仙台、札幌、広島、大阪の全国4都市で開催する。参加費は無料。

同セミナーでは、同社におけるLinux戦略と、ネットワークウイルスへの対策について解説する。また、「F-Secure 検疫コントローラ」や「F-Secure クライアントセキュリティ」、「ポリシーマネージャ Ver 5.70」といったセキュリティ製品の機能説明、および12月1日に発売されたウイルス対策製品の新パッケージの紹介が行われる。

定員は、各会場とも50名。参加会場、会社名、部署名、名前、電話番号、メールアドレスを記入の上、ファックスまたはメールで申し込む。

(Security NEXT - 2004/12/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

医療費申請者情報を無関係事業者の代表メルアドへ誤送信 - 佐賀県
ラックとTIS、クラウドとセキュリティ分野で協業 - 新サービスや共同研究など
診断ツールにガイドラインチェック機能など追加 - NRIセキュア
公開サーバ上に2006年当時の学生情報 - 千葉大
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
委託時のセキュリティ責任、「知識不足」で不明瞭に
小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け