Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CA、情報セキュリティの専門家を育成する教育プログラムを提供

コンピュータ・アソシエイツは、情報セキュリティのプロフェッショナルを育成する教育プログラムを、2005年春より提供開始する。

同プログラムは5つのコースで構成される。CISSP資格の取得を目的とした「CISSP 10ドメインレビュー オフィシャル・セミナー」を始め、情報マネジメントの英国規格BS7799について基本から総合的に学ぶ「BS7799基本コース」、ISMS審査員の資格取得を目指す「ISMS審査員コース」がある。

また、ISMS内部監査員資格の取得を目指す「ISMS内部監査員コース」、ISMSの導入方法を紹介するとともに、導入するためのより実践的な手法を学ぶ「ISMS導入実践トレーニング」が提供される。申し込み方法および各コースの詳しい内容は、同社のウェブサイトにて紹介されている。

(Security NEXT - 2004/12/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Active! zone」にサンドボックスオプション - PW付きファイルにも対応
ESETにEDR製品が追加 - クラウド型サンドボックスも提供
GW企画の案内メールで送信ミス - 東天紅
中学校で生徒情報含む資料が所在不明 - 大泉町
「J SPORTS」サイトの不具合、クレカ情報変更を別顧客に反映
顧客情報1.4万件紛失、保存箱ごと所在不明に - 徳島信金
サイボウズ、「バグハンター合宿」を開催 - 脆弱性155件を認定
経産省策定基準の適合セキュリティサービスリストを公開 - IPA
医療費申請者情報を無関係事業者の代表メルアドへ誤送信 - 佐賀県
ラックとTIS、クラウドとセキュリティ分野で協業 - 新サービスや共同研究など