Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

関連法令の改正で個人情報保護の徹底目指す - 金融庁

金融庁は、同庁所管事業者における個人情報保護を推進するため、関連法令整備を推進する。

金融庁では、同庁所管の事業者における個人情報保護を定めたガイドラインの制定を進めて来たが、保険業法や貸金業法など、関連法の改正により明確にする方針を固めたことが明らかとなった。流出だけでなく、目的外使用などについても厳しい対応で望むとしている。

12月7日に金融審議会において個人情報保護に関する方針、法整備について話し合いが行われ、個人情報ガイドラインだけでなく、より厳しい行政対応が行えるよう法制上の措置が必要とまとめられた。

(Security NEXT - 2004/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「FFIEC CAT」用いた金融機関向けセキュリティ監査サービス
即売CDの予約票控えを紛失、配送できない状態に - ローソン子会社
SEO支援サービスに不正アクセス - アカウント情報流出の可能性
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
2018年2Qのフィッシング攻撃は約1割増 - 国内ホストは低水準
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI
イスラエルのSCADAfenceが事業所設置 - 日本進出へ
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」