Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アクセス制御技術の情報を募集 - 不正アクセス対策の参考に

警察庁、総務省および経済産業省は、「不正アクセス禁止法」に基づいた資料公表のため、アクセス制御技術の研究開発情報を12月27日まで募集している。

対象となるアクセス制御技術は、ファイアウォール技術、侵入検知技術、およびその他認証技術の3種類。寄せられた情報は、3省庁が公表する予定のアクセス制御技術の研究開発状況に関する資料に掲載される見込み。

技術の概要、開発企業名、連絡先などを専用の応募様式に記入して社印を押印のうえ、同書類の電子ファイルを保存したフロッピーディスクを添えて郵送する。応募様式は、各省庁のホームページからダウンロードできる。提出された情報は、2005年2月に3省庁から公表される。

(Security NEXT - 2004/11/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スマートフォンを利用して「どこでも本人確認」
インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
JNSA、情報セキュリティ向上への貢献で2名を表彰 - 「セキュ狼」開発のWGも
ラック、EDR向けMSSを展開 - 手はじめに「Windows ATP」
残保存年限20年の行政文書が所在不明に - 千葉県
意見書提出者の個人情報をサイトに誤掲載 - 吹田市
CMS利用のサイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導- 医療専門学校
登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト