Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロ、ギガビットインタフェースを備えたネットワークウイルス対策製品を発売

トレンドマイクロは、中規模以上のネットワークを利用する企業を対象に、ギガビットインタフェースを備えたネットワークウイルス対策機器「Trend Micro Network VirusWall 2500」を、2005年1月下旬より発売する。

同製品は、脆弱性を悪用し、ネットワークにつないでいるだけで感染するタイプのウイルスを予防するソリューション。ネットワークレベルでパケットを監視するほか、持ち込みPCのアクセス規制および予防から、感染時の自動復旧までを一貫して行う。

1台で最大4セグメントの防御が可能。パターンファイルと検索エンジンによってネットワークウイルスを検出し、感染したコンピューターを隔離する。また、同社のサポートセンターから提供されるパターンファイルの自動アップデートにも対応している。

価格は、管理対象50ユーザーの場合、消費税別の参考価格で125万8500円。

(Security NEXT - 2004/11/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NECとシスコ、重要インフラ向け機器に真正性のチェック機能
ウェブへのコード挿入によるクレカ情報窃取、前年比5倍
三菱電機の一部制御システム製品に「URGENT/11」の脆弱性
Dell TechnologiesがRSAを投資ファンドなどへ売却
マルウェア「LODEINFO」を検知 - JPCERT/CCが解析情報を公開
TMI P&S、セキュリティ対応サービスで2社と協業
ウェブルート、川柳コンテストの入賞作品を発表
SSL可視化製品の市場規模は8.1億円 - 前年度比26.6%増
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
複数の脆弱性に対処した「PHP」のアップデートが公開