Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT西日本で個人情報流出 - アンケート結果7000件が閲覧可能に

NTT西日本のホームページ上で、同社が行ったアンケートの結果が誰でも閲覧できる状態であったことが明らかになった。

閲覧可能となっていたのは、同社大阪支店とブロードバンドの回線契約を結び、アンケートに答えた顧客の情報。氏名や、住所、電話番号、メールアドレスなど約7000件の個人情報が含まれていた。パスワードの設定などもされておらず、約3カ月間は誰でも閲覧できる状況だったという。

(Security NEXT - 2004/11/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小規模事業所向けにセキュリティGWのMSS - 富士ゼロックス
「WordPress」向けeラーニングシステム構築プラグインに複数脆弱性
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
「WordPress」向けAMP対応プラグインに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
「Chrome」のアップデートがリリース - GPUにおけるUAFの脆弱性を解消
クライアントである歯科や患者情報含むHDDを紛失 - 船井総研
C2Cの違法取引を監視する新サービス - イー・ガーディアン
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - 定例外アップデートが緊急リリース
OpenSSLに複数脆弱性、アップデートで解消 - 「PORTSMASH」にも対応