Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT西日本で個人情報流出 - アンケート結果7000件が閲覧可能に

NTT西日本のホームページ上で、同社が行ったアンケートの結果が誰でも閲覧できる状態であったことが明らかになった。

閲覧可能となっていたのは、同社大阪支店とブロードバンドの回線契約を結び、アンケートに答えた顧客の情報。氏名や、住所、電話番号、メールアドレスなど約7000件の個人情報が含まれていた。パスワードの設定などもされておらず、約3カ月間は誰でも閲覧できる状況だったという。

(Security NEXT - 2004/11/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

流出個人情報、9割超が不正アクセスなどに起因
個人情報含む調査関係書類を紛失 - 千葉県
「Cisco DCNM」の深刻な脆弱性 - 研究者が詳細を公表
2019年4Qの「JVN iPedia」新規登録は4434件、OS関連の登録目立つ
Ciscoのセキュリティ管理製品に深刻な脆弱性
Citrix、脆弱性問題で無償の侵害調査ツール公開 - FireEyeと共同開発
Citrixがアップデート公開をさらに前倒し - のこるは1製品のみ
「IE」脆弱性に対するゼロデイ攻撃、国内でも
「IE」に未修正のRCE脆弱性、ゼロデイ攻撃も - 「Windows 7」にも影響
職員の人事記録漏洩、犯人不詳のまま告発 - 弘前市