Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大塚商会ら3社、ワンタイムパスワードを用いた認証強化ソリューションを発売

大塚商会、マイクロソフト、RSAセキュリティの3社は、企業の情報システムのセキュリティ強化を図る「Active Directory認証強化ソリューションパック」を11月15日より発売する。

同ソリューションは、Active Directoryによるユーザーアカウントの一元管理と、認証時に従来の固定パスワードではなく、ワンタイムパスワードを用いることでセキュリティ強化を図るもの。

ワンタイムパスワードを用いた二要素認証として「RSA SecurID for Microsoft Windows」を利用するほか、各クライアントPCへのモジュール配信、資産管理、セキュリティパッチの配布には「Microsoft Systems Management Server」を利用。

同ソリューションは、7月に発表された「情報漏えい防止9社連合」のエンタープライズ向けソリューションとして提供される。価格は、見積もり価格。

(Security NEXT - 2004/11/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず