Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KGT、中小企業向けネットワーク管理ツールを販売

ケイ・ジー・ティーは、中小企業向けのネットワーク監視、通知ツール「Ipswitch WhatsUp Small Business」を、11月22日より販売する。

同ツールは、米国Ipswitchのネットワーク監視、通知ツール「WhatsUp Gold」の下位モデル。既存モデルより低価格で操作が容易で、中小企業やSOHOにおけるネットワーク管理に利用できる。

ネットワーク機器を自動で検知し、問題が生じた場合には電子メール、パソコンの音声、ポップアップメッセージなどで通知する。また監視画面では、機器の稼動状態を色で表示するアイコンにより、直感的に把握が可能。

同時に10台まで監視が可能で、機器の稼動状況や監視期間の状況を蓄積し、レポート表示もできる。価格は、5万400円。新規ライセンスには、1年間の「サービスアグリーメント」が含まれる。

(Security NEXT - 2004/11/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ディズニーランド入場券が当選」 とだますマルウェアメール - 不自然な日本語に中国語も
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
市立中学校で生徒の個人情報を紛失 - 大阪市
JNSA、「Network Security Forum 2018」を都内で開催
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
NICT、東京五輪向けサイバー演習「サイバーコロッセオ」展開 - 約220人のセキュリティ人材を育成
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大
「公的個人認証サービス」のインストーラに再び脆弱性
千代田区の図書館サイト、1カ月にわたり公開停止
警視庁と仮想通貨取引所10社、サイバー犯罪の対処で協定