Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

島根県観光連盟がウイルス被害

島根県観光連盟は8月16日、同連盟事務局のパソコンがウイルス「Mydoom.S」に感染し、ウイルスを添付したメールを送信したと発表した。

同発表によれば、「PHOTOS」というタイトルのウイルス添付メールを、400件強のアドレスに発信した。おもな発信先は、県内各市町村、市町村観光協会、観光連盟会員、県関係職員およびその他観光関連団体など。

同連盟パソコンの感染状況は、保有パソコン4台中1台。感染時、導入していたウイルス対策ソフトは、メールチェックを行い検疫したが、ウイルス定義ファイルが対応しておらず、駆除できなかったとしている。感染元の詳細は不明だという。

同連盟では、感染したパソコンをネットワークから切り離し、ウイルスメールを削除するとともに、保有する全パソコンのウイルスチェックを実行。また、感染パソコンのログ解析を県情報政策課に依頼するなどの対応を行っている。

(Security NEXT - 2004/08/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「エコレオンラインショップ」で改ざん - クレカ情報を外部送信
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
「VMware ESXi」などに3件の脆弱性 - アップデートがリリース
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
セキュリティソリューションへの支出、世界で年間1000億ドル超に
寝台列車「ななつ星」通販サイトに不正アクセス - JR九州
SBT「MSS for CASB」をスタート - ポリシー策定なども支援
マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業
セキュリティ情報共有のポイントを整理した資料に改訂版 - ISOG-J