Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

島根県観光連盟がウイルス被害

島根県観光連盟は8月16日、同連盟事務局のパソコンがウイルス「Mydoom.S」に感染し、ウイルスを添付したメールを送信したと発表した。

同発表によれば、「PHOTOS」というタイトルのウイルス添付メールを、400件強のアドレスに発信した。おもな発信先は、県内各市町村、市町村観光協会、観光連盟会員、県関係職員およびその他観光関連団体など。

同連盟パソコンの感染状況は、保有パソコン4台中1台。感染時、導入していたウイルス対策ソフトは、メールチェックを行い検疫したが、ウイルス定義ファイルが対応しておらず、駆除できなかったとしている。感染元の詳細は不明だという。

同連盟では、感染したパソコンをネットワークから切り離し、ウイルスメールを削除するとともに、保有する全パソコンのウイルスチェックを実行。また、感染パソコンのログ解析を県情報政策課に依頼するなどの対応を行っている。

(Security NEXT - 2004/08/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NECとシスコ、重要インフラ向け機器に真正性のチェック機能
ウェブへのコード挿入によるクレカ情報窃取、前年比5倍
三菱電機の一部制御システム製品に「URGENT/11」の脆弱性
Dell TechnologiesがRSAを投資ファンドなどへ売却
マルウェア「LODEINFO」を検知 - JPCERT/CCが解析情報を公開
TMI P&S、セキュリティ対応サービスで2社と協業
ウェブルート、川柳コンテストの入賞作品を発表
SSL可視化製品の市場規模は8.1億円 - 前年度比26.6%増
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
複数の脆弱性に対処した「PHP」のアップデートが公開