Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インターコム、ISP事業者向けのセキュリティサービスを強化

インターコムは、ISP事業者向けセキュリティASPサービスを強化し、新サービス「SHILDIAN NETservice Ver.3」として提供を開始すると発表した。

Ver.3では、IPS機能を実装。各種ワームによる攻撃、ポートスキャンやDoS攻撃、あるいはトロイの木馬による情報漏洩などの不正なアクセスを自動的に検知して、効果的に遮断することが可能になった。

また、企業ごとに提供プログラムの簡易カスタマイズが可能なので、従来よりも独自性を打ち出したサービス提供ができる。

まずは「BIGLOBE」へのサービス提供を皮切りに、他社ISP向けにも順次サービスを提供開始するという。

(Security NEXT - 2004/08/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
セキュリティソリューションへの支出、世界で年間1000億ドル超に
寝台列車「ななつ星」通販サイトに不正アクセス - JR九州
SBT「MSS for CASB」をスタート - ポリシー策定なども支援
マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業
セキュリティ情報共有のポイントを整理した資料に改訂版 - ISOG-J
SECCON優勝チーム所属の東大生サークルがCTFを開催
九電の出力制御指示メール未達 - 作業ミスで迷惑メール扱いに
最新Wi-Fiセキュ規格「WPA3」に脆弱性「Dragonblood」 - 今後さらなる脆弱性が公表予定