Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報や知的財産保護、セキュリティの話題も収録 - 情報化白書2004

日本情報処理開発協会は8月11日、「情報化白書2004」を発表した。個人情報保護法や知的財産保護、セキュリティ、リスクマネージメントに関する情報についても収録されている。発売は8月中旬を予定している。

2004年度は、「情報経済とIT利活用」をテーマに、情報化インフラの整備などITマネージメントの重要性などが指摘されている。また読む白書ではなく、使える白書になるよう工夫したという。

同白書では、「重要性を増す情報セキュリティ」として、ウイルスや不正アクセスの状況をまとめたほか、昨年策定された「情報セキュリティの総合戦略」の具体策などを収録。海外のセキュリティ体制といった情報も盛り込まれた。

また、「情報経済を支える法制度」をテーマに、「知的財産の制度整備の経緯」を収録したほか、「個人情報保護に関する社内規定の整備状況」「ホームページ上へのプライバシーポリシーの掲載」など、個人情報保護法関連の情報を収録している。

アマゾンでの購入はこちらから。

(Security NEXT - 2004/08/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox 63」がリリース、トラッキング対策強化 - 複数の深刻な脆弱性にも対処
日本など14カ国の大学を狙う大規模攻撃 - 論文DB装うフィッシングで知的財産を標的に
2018年3Q、脆弱性DBへの登録は3834件 - IPA
入試受験予定者への案内メール誤送信でメアド流出 - 兵庫大
行政や独法の個人情報委託先、68件で契約違反の再委託
デジタルコンテンツ販売サイト「DLmarket」に不正アクセス - 顧客情報56万件が流出か
金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通過取引所やFX事業者が初参加
2018年2QのDDoS攻撃が3割減 - 一方で「UDPフラッド」など増加
Facebookに行政指導、不正な情報取得や不正アクセス問題で
Symantecのウェブ分離製品にXSSの脆弱性