Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報や知的財産保護、セキュリティの話題も収録 - 情報化白書2004

日本情報処理開発協会は8月11日、「情報化白書2004」を発表した。個人情報保護法や知的財産保護、セキュリティ、リスクマネージメントに関する情報についても収録されている。発売は8月中旬を予定している。

2004年度は、「情報経済とIT利活用」をテーマに、情報化インフラの整備などITマネージメントの重要性などが指摘されている。また読む白書ではなく、使える白書になるよう工夫したという。

同白書では、「重要性を増す情報セキュリティ」として、ウイルスや不正アクセスの状況をまとめたほか、昨年策定された「情報セキュリティの総合戦略」の具体策などを収録。海外のセキュリティ体制といった情報も盛り込まれた。

また、「情報経済を支える法制度」をテーマに、「知的財産の制度整備の経緯」を収録したほか、「個人情報保護に関する社内規定の整備状況」「ホームページ上へのプライバシーポリシーの掲載」など、個人情報保護法関連の情報を収録している。

アマゾンでの購入はこちらから。

(Security NEXT - 2004/08/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
CMS利用のサイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導- 医療専門学校
登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク