Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTドコモ、「FOMA D900i」に不具合

NTTドコモは17日、携帯電話「FOMA D900i」において、ソフトウェア上の不具合が見つかったと発表、更新方法などをウェブ上で公開した。

同社によれば、該当端末において特定の操作を行うと、文字入力やアプリケーションの起動ができなくなることがあるという。その際、保存されている電話帳データや画像が消えることはない。

同社では、ソフトウェアの更新に失敗した場合や、店頭での更新を希望する場合には、故障取り扱い窓口にて修理を受け付ける。更新の際のパケット通信料は無料。更新サービスの提供期間は2004年12月31日まで。

(Security NEXT - 2004/08/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

公開サーバ上に2006年当時の学生情報 - 千葉大
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
委託時のセキュリティ責任、「知識不足」で不明瞭に
小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン