Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTドコモ、「FOMA D900i」に不具合

NTTドコモは17日、携帯電話「FOMA D900i」において、ソフトウェア上の不具合が見つかったと発表、更新方法などをウェブ上で公開した。

同社によれば、該当端末において特定の操作を行うと、文字入力やアプリケーションの起動ができなくなることがあるという。その際、保存されている電話帳データや画像が消えることはない。

同社では、ソフトウェアの更新に失敗した場合や、店頭での更新を希望する場合には、故障取り扱い窓口にて修理を受け付ける。更新の際のパケット通信料は無料。更新サービスの提供期間は2004年12月31日まで。

(Security NEXT - 2004/08/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットサービスの多要素認証、設定手順を解説 - IPA
VMwareの「ESXi」「vCenter」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
委託元の顧客情報を別の委託元へメール誤送信 - 埼玉の保険代理店
個情委、JapanTaxiに再度指導 - 4カ月間改善なく
アプリ「JapanTaxi」、取得した位置情報を削除 - 同意不十分で広告利用
県立高校で生徒個人情報含むUSBメモリを紛失 - 静岡県
本人確認記録書が所在不明、一部店舗では誤廃棄を確認 - みちのく銀
注意喚起で掲載した架空請求ハガキに個人情報 - マスキング不十分で
米政府、北朝鮮関与攻撃グループに経済制裁措置
リコー製プリンタや複合機に複数のRCE脆弱性 - アップデートがリリース