Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、7月のウイルス、不正アクセス届出状況を発表

情報処理推進機構(IPA)は、7月のコンピュータウイルスおよび不正アクセスの届出状況を発表した。

同レポートによれば、7月の届出件数は4832件と、3カ月ぶりに5千件を下回ったという。7月26日にはW32/Mydoomウイルスの亜種が見つかった。また、ウイルス検出数、届出件数ともに、W32/Netskyが最も高い割合を占めている。

不正アクセスの届出件数は45件で、6月の52件から約13.5%の減少となった。そのうち被害の届け出は8件。侵入4件、メールアドレス詐称3件、その他1件となっている。

(Security NEXT - 2004/08/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

長期休暇に向けてセキュリティ対策の再確認を
「UCカード」利用者狙うフィッシング攻撃に注意
従業員が顧客へ他顧客情報を漏洩 - 北洋銀
人材育成と研究で「サイバーセキュリティセンター」開設 - 日立グループ
10月のDDoS攻撃、検出件数や最大攻撃規模が前月から上昇
一部MSアプリで「OAuth」設定に不備 - アカウント奪取のおそれ
フィッシング攻撃減少するも高水準 - 半数超が「偽Amazon」
「HPE SAS SSD」が約3年9カ月で障害、データ回復不能に - 早急に更新を
自治体向けクラウド基盤で障害 - 9日の復旧目指す
Avastのブラウザ拡張機能が大量のデータを収集 - 研究者から懸念の声