Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、7月のウイルス、不正アクセス届出状況を発表

情報処理推進機構(IPA)は、7月のコンピュータウイルスおよび不正アクセスの届出状況を発表した。

同レポートによれば、7月の届出件数は4832件と、3カ月ぶりに5千件を下回ったという。7月26日にはW32/Mydoomウイルスの亜種が見つかった。また、ウイルス検出数、届出件数ともに、W32/Netskyが最も高い割合を占めている。

不正アクセスの届出件数は45件で、6月の52件から約13.5%の減少となった。そのうち被害の届け出は8件。侵入4件、メールアドレス詐称3件、その他1件となっている。

(Security NEXT - 2004/08/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache httpd」脆弱性に悪用コード - 共有ホスティングサーバなどに影響
2019年1Q、脆弱性の届出は122件 - ソフト関連倍増
映画「おっさんずラブ」エキストラ応募者へのメールで誤送信
サイバートラストら、ドローンの脆弱性洗い出しサービス
ワイン醸造所通販サイトでクレカ情報流出か - 正規利用以外の情報も
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートがリリース
プラント関係者狙う執拗な攻撃が継続中 - 一定知識で自然な文面
市立幼稚園で園児の指導要録を誤廃棄 - 宇陀市
重要インフラ業者の安全基準策定指針 - パブコメ実施