Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報保護法へ万全の準備 - 損保協会会長

日本損害保険協会に就任した平野浩志氏は、所信表明において個人情報保護法への取り組みについて述べている。

損保協会では、個人情報保護法の本格施行に向け、昨年10月に「個人情報保護法対応検討プロジェクトチーム」を設置。同プロジェクトチームでは、法令解釈や実務面を考慮した対応を検討しており、損害保険会社における対応指針を取りまとめている。

行政によるガイドラインは、2004年秋に制定予定されており、個人情報取扱事業者の義務規定が施行される2005年4月までには万全の準備を整えたいとしている。

(Security NEXT - 2004/07/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社
シネマイレージカード会員の書類が所在不明 - TOHOシネマズ
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正