Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報保護法へ万全の準備 - 損保協会会長

日本損害保険協会に就任した平野浩志氏は、所信表明において個人情報保護法への取り組みについて述べている。

損保協会では、個人情報保護法の本格施行に向け、昨年10月に「個人情報保護法対応検討プロジェクトチーム」を設置。同プロジェクトチームでは、法令解釈や実務面を考慮した対応を検討しており、損害保険会社における対応指針を取りまとめている。

行政によるガイドラインは、2004年秋に制定予定されており、個人情報取扱事業者の義務規定が施行される2005年4月までには万全の準備を整えたいとしている。

(Security NEXT - 2004/07/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報関連の事務処理ミス19件を公表 - 大阪市
顧客情報記載の領収証を紛失 - 四国ガス燃料
GRCプラットフォームの新版を提供 - デルテクノロジーズ
ログ監視やデバイス制御のクラウドサービス
セブン銀行利用者狙うスミッシング - 「口座を一時停止」と不安煽る手口
顔認証決済の自販機を実証実験 - ダイドードリンコ
クラウドでのデータ侵害、構成ミスが8割強 - IBM調査
米政府、制御システムの保護に向けた戦略を発表
「ひっかからないで!」JC3が詐欺の注意喚起動画
「PowerDNS Recursor」に脆弱性 - アップデートがリリース