Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

お茶の水女子大の学生情報が盗難

お茶の水女子大学において学生データ3000名分が流出したことが明らかになった。

学生データが含んだハードディスクが盗難にあったもので、警視庁が窃盗事件として捜査を進めている。個人情報には、氏名、住所、電話番号、保証人の氏名、成績データなどが含まれていた。

(Security NEXT - 2004/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Office 365」の管理者狙うフィッシング攻撃 - さらなる攻撃の起点に
メール誤送信で社会実験参加者のメアド流出
国内暗号鍵管理市場は3.3%成長 - DLPは横ばい
なりすましメールに注意呼びかけ - 国分グループ本社
「Chrome 78.0.3904.108」が公開 - セキュリティ関連で修正5件
高校で生徒の映像が記録されたビデオカメラを紛失 - 大阪府
サイバーセキュリティ月間の関連行事を募集 - 政府
8カ国から若者が集結する「GCC」 - 国内参加者の募集開始
防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード
メール誤送信で法人顧客のメアド流出 - すららネット