Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

航空管制システム停止の原因は不正データ

国土交通省は、8日に東京航空交通管制部が停止した問題について、不正データが付加されたことにより発生したことを明らかにした。

国土交通省航空局によれば、「航空レーダー情報処理システム(RDP)」が保有する飛行計画情報に不正データが追加されたことによりシステムダウンが発生したという。同局は現在、不正データが付加された経緯を調査している。

故障当日は、バックアップシステムに切り替えたが、安全確保のため、離発着のに必要な時間を通常より長く設定したことにより、大幅なダイヤの乱れが発生した。

昨年3月にも東京交通管制部の「飛行計画情報処理システム」がシステムダウンを起こしており、同局ではフェイルセーフ対策を進めていた。同局は「異なるシステムながら多大な迷惑をかけた。真摯に反省し、再発防止に取り組みたい」としている。

リリース
http://www.mlit.go.jp/koku/03_information/01.pdf

国土交通省
http://www.mlit.go.jp/

(Security NEXT - 2004/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
Facebookページに第三者が不正投稿、すでに復旧 - メディアドゥHD
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
セキュリティ担当者を配備する企業は2割未満 - 約6割が「現状で十分」
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も