Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT

NTTアドバンステクノロジは、セキュリティ資格「CISSP」の保有者の拡大に向けて、International Information System Security Certification Consortiumと戦略的パートナーシップ協定を締結した。

CISSP(Certified Information Systems Security Professional)は、(ISC)2が認定を行っているセキュリティ専門家向けの資格。NTTグループにおける同資格保有者の増員を図るため、(ISC)2と提携したもので、育成プログラムをグループ内へ展開していく。

具体的には、グループ各社向けのCISSP受験対策セミナーや、認定試験用の受験チケット、合格に向けた学習サポート、日本語教材の開発、資格維持のためのセミナーなどを提供。同社内における保有者の拡大なども進める。

(Security NEXT - 2018/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メール送信ミスで関係者メアドが流出 - INPIT
セキュ産業創出する人材育成目指した「SecHack365」 - 受講生募集が開始
若年層向け人材育成プログラム「SecHack365 2019」が始動 - 参加者募集を開始
キャンペーン応募者の個人情報が閲覧可能に - 人材派遣会社
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
システム堅牢化やCTFなど人材育成演習サービスを拡充 - NEC
クラウド設定不備による情報流出は発生せず - freee
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞、登大遊氏ら受賞
freee、「Salesforce」利用の複数フォームに設定不備 - 他社事例と異なる部分
「JNSA賞」が発表、フィッシングハンターのKesagataMe氏ら受賞