Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米Lastlineのクラウドメール向けマルウェア対策サービスなど提供 - テリロジー

テリロジーは、米Lastlineのクラウドメール向けセキュリティサービス「Email Defender-Cloud」と、組織内部における感染を可視化する「Network Defender」を提供開始した。

「Email Defender-Cloud」は、API連携を通じてマルウェアを検知するクラウド型メールサービス向けセキュリティサービス。提供当初は「Office365」と「G Suite」に対応。今後はクラウドストレージにも順次対応する予定。

「Network Defender」は、組織内ネットワークにおけるフロー情報を収集し、侵入したマルウェアによる情報収集、外部との不正接続、脅威の拡散などの活動を可視化するソリューション。「Email Defender」との連携にも対応している。

「Email Defender-Cloud」の年間利用料は、1ユーザーあたり1万260円。最小契約数は50ユーザーから。「Network Defender」の年間利用料は1万6092円。最小契約数は250ユーザーから。

(Security NEXT - 2018/08/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ノートン360」の上位製品に個人情報流出の通知機能
法人向けESETエンドポイント製品のWindows版に新版 - 暗号化製品も追加
EDR運用サービスに復旧支援対応など追加 - NRIセキュア
UTMに1Uの高スループットモデルを追加 - ウォッチガード
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII
ゼロトラスト実現に向けたロードマップ作成サービス - SBT
オンラインの「サイバーセキュリティトレーニング」を提供 - 日立
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ