Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Intelチップに脆弱性「Foreshadow」 - クラウドVM間で情報漏洩のおそれも

Intelの主要プロセッサに、投機的実行においてサイドチャネル攻撃が可能となるあらたな脆弱性「L1 Terminal Fault(L1TF)」が明らかとなった。脆弱性が悪用されるとクラウドのVM間で情報漏洩が生じるおそれもある。

20180815_fo_001.jpg
「Foreshadow」のロゴ

「L1TF」は、「Meltdown」や「Spectre」と同様の投機的実行におけるサイドチャネル攻撃が可能となる脆弱性。

1月8日に報告され、その後協調的に対応が進められてきた。Intelによると、8月14日の時点で悪用は確認されていないという。

「Intel Software Guard Extensions(Intel SGX)」をサポートする一部プロセッサが影響を受けるもので、コア内にある「L1データキャッシュ」よりデータが漏洩するおそれがある。

脆弱性を報告した研究者は、同脆弱性を「Foreshadow」と命名。作家が文学作品で、後半のストーリーを暗示する「伏線(foreshadowing)」を張りつつも、オチを明らかにしないことになぞり、プロセッサでは機密情報が保護される一方で、将来的に実行される内容をヒントに再構築できることから「Foreshadow」と名付けたとしている。

(Security NEXT - 2018/08/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「EC-CUBE」向けプラグイン「簡単ブログ for EC-CUBE4」に脆弱性
トレンド製「スマートホームスキャナー」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
Zyxel製品の深刻な脆弱性、4月に修正済み - 報告者がサイレントパッチの危険性を指摘
「BIG-IP」脆弱性に注意 - 実証コード公開済み、探索や悪用も
「Chrome 101.0.4951.64」がリリース - 13件のセキュリティ修正を実施
Adobe、「Framemaker」「InDesign」など5製品でセキュリティ更新
2021年に悪用多かった脆弱性トップ15 - 首位は「Log4Shell」、VPNも引き続き標的に
MS、5月の月例パッチで脆弱性73件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
「Magnitude Simba」のODBCドライバなどに脆弱性
富士通製のセキュリティ帯域制御製品に深刻な脆弱性