Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

38種類の加工方法を実装した匿名加工情報作成ソフト - NTT-TX

NTTテクノクロスは、個人データにおけるプライバシーを保護しつつ活用できるよう加工する「匿名加工情報作成ソフトウェア」を、7月25日より発売する。

同製品は、Windowsで利用できるデータ加工ソフト。NTTが独自に開発した匿名化技術である「Pk-匿名化」を実用化した。

擬似データの付与やデータの入れ替えを行って「k-匿名性」を確保しつつ、統計上は元データに近い状態に再構築することで、データの有用性を損なわずに匿名加工情報を作成できるとしている。

38種類の加工方法を選択することが可能。加工したデータを13種類の評価手法により匿名化と有用性のバランスについてグラフにより確認できる。

価格は、5ユーザーあたりの年間サブスクリプションライセンスで64万8000円から。

(Security NEXT - 2018/07/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ユーザー起点のプライバシー対応を支援 - PwCコンサルティング
TMI P&Sと東京海上日動、サイバーリスク保険分野で提携
データ利活用時のリスクを低減するコンサルサービス - CCI
TMI P&S、セキュリティ対応サービスで2社と協業
ドローンを妨害電波で不時着させるソリューション - カスペ
機械学習の顔認識を防止する画像加工サービス
ラック、顔認識でショルダーハッキングを防止するソフト
B2C事業者向けIDアクセス管理ソリューションに新版 - GDPRに対応
CrowdStrike、モバイルデバイス向けEDRソリューション
iOS用「ノートン」に新版 - ローカルVPN利用の不正サイト対策など搭載