Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

教職員異動情報を公式発表前に誤って公開、SNSでも拡散か - 新潟日報

新潟日報社は、新潟県と新潟市の教職員異動情報を、公式発表前に作業ミスで誤って公開していたことを明らかにした。

同社によれば、教職員の異動情報に関する検索サービスを同社では提供しているが、事前に新潟県から提供された2018年の教職員異動名簿を、3月23日の公式発表前に誤ってインターネット上で公開したもの。数校分の情報が事前に漏洩したと見られている。

同社では、公表前に作業を行う場合、IDとパスワードを設定しており、本来外部から閲覧できない状態だが、検証作業で一時的にIDとパスワードを解除する必要があり、作業終了後もそのままアクセスを制限していなかった。

同月20日17時前から問題に気が付いた同日21時ごろにかけて、名簿の検索ページから公開前の名簿が検索できる状態となり、さらにSNSなどを通じて情報が拡散したものと見られ、約4時間に約1500回の閲覧が行われたという。

今回の問題を受けて同社では、同県を訪問して事情を説明し、謝罪。メディアとして情報管理は最重要事項であり、再発防止策を徹底したいとしている。

(Security NEXT - 2018/03/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

建築物調査書類が所在不明、申請による閲覧後に - 東京都
カプコンへの不正アクセス、侵入経路は予備に残した以前のVPN機器
違反取締計画が流出、複数SNSに投稿 - NEXCO西日本
宅配クリーニングに不正アクセス - 意図しない外部公開も
約5.3億件のFacebookユーザー情報が流通、日本は約42万件 - 人口上回る国も
公共事業受託事業者のランサム被害、流出範囲特定で難航か
LINE、国外の個人データ保管やアクセス状況を説明 - 「ポリシー上に記載ある」
愛知県、コロナ患者情報誤公開で懲戒処分 - 作成から公開まで1人で担当
LINE WORKSで複数顧客参加のトークルームを誤作成、削除できず - 富士薬品
九大職員が無許可ファイル持出、転職先で外部公開 - 意図しない機密情報も