Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

経産省、「情報セキュリティサービス基準」を策定 - IPAが台帳作成へ

経済産業省は、セキュリティサービスの品質を客観的に判断できるよう「情報セキュリティサービス基準」「情報セキュリティサービスに関する審査登録機関基準」を策定した。

セキュリティ対策にあたり、セキュリティサービスの利用が不可欠である一方、利用者側でサービスの品質を判断する情報が不足していることから、第三者が客観的に品質を審査し、公表するための基準を設けた。策定にあたっては同省では検討会を開催。有識者やパブリックコメントの意見等を踏まえて決定した。

「情報セキュリティサービス基準」は、「情報セキュリティ監査サービス」「脆弱性診断サービス」「デジタルフォレンジックサービス」「セキュリティ監視、運用サービス」を対象としており、技術要件、人員やマニュアルの設置と言った品質管理要件について基準を設けた。

一方「情報セキュリティサービスに関する審査登録機関基準」では、「情報セキュリティサービス基準」への適合性について、審査や登録を行う機関に求められる公平性や管理体制、審査手続きなどの事項を定めている。

同基準の策定を受け、同省では、情報セキュリティサービス基準に適合するサービスの提供状況に関する調査を実施するよう情報処理推進機構(IPA)に依頼。調査結果は台帳にとりまとめ、公開される予定。

(Security NEXT - 2018/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「CODE BLUE 2021」はハイブリッド開催 - CFPも開始
「改正個人情報の保護法」のガイドライン改正でパブコメ実施
2021年1Qにダークネットで1187億パケットを観測 - NICT
政府、約8年ぶりにIT-BCPガイドラインを改訂 - 新型コロナ踏まえた内容も
個情委、LINEへ委託先監督義務で行政指導 - 外国第三者提供については指導なし
機器出荷前のセキュ検証を効果的に行うための手引き - 経産省
共用利用オフィスのセキュリティ対策認証制度がスタート
個情委、個人情報の越境移転や委託先管理でLINEから報告徴収 - 総務省も
BSIグループとイエラエ、IoTセキュリティ分野で協業
ISMAPクラウドサービスリストが公開 - 7社10サービス