Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DV被害者の個人情報を漏洩、経緯は調査中 - 東彼杵町

長崎県東彼杵町は、支援措置の申し出があったにもかかわらず、ドメスティックバイオレンス(DV)被害者の住所を、外部へ漏洩したことを明らかにした。

同町によれば、配偶者や恋人による暴力、いわゆる「ドメスティックバイオレンス」の被害を受けたとして、加害者に居場所を知られないため、個人情報の閲覧制限措置を申し出ていた被害者の住所を外部へ漏洩していたことが、1月12日に判明したもの。

同町では、申し出に従って秘密を保持するために、パソコンの画面で注意喚起が2度表示されるしくみになっていたが、職員が情報を漏洩したという。

同町では、流出の経緯など詳細について調査を進めるとともに、対象となる被害者に対して事情を説明し、謝罪している。

(Security NEXT - 2018/02/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

入国者健康確認システムで不具合、他申請者からパスポートなど閲覧可能に
複数職員が個人メアドに資料送付、スペルミスで第三者へ - 新潟県
イベント来場者管理サービス、大量アクセスで個人情報を誤表示
「ちばシティポイント」参加者のアカウント情報などが外部流出の可能性 - 千葉市
発表前に関連情報が流出したプレスリリースは871件 - PR TIMESが調査結果
オープンなチャットを利用、個人情報が流出 - 埼玉県立特別支援学校
委託先が名簿を不正にクラウド共有、メール誤送信で発覚 - 厚労省
発表前の配信代行プレスリリースに外部アクセス、URLを推測か - PR TIMES
糖質制限食の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル