Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DV被害者の個人情報を漏洩、経緯は調査中 - 東彼杵町

長崎県東彼杵町は、支援措置の申し出があったにもかかわらず、ドメスティックバイオレンス(DV)被害者の住所を、外部へ漏洩したことを明らかにした。

同町によれば、配偶者や恋人による暴力、いわゆる「ドメスティックバイオレンス」の被害を受けたとして、加害者に居場所を知られないため、個人情報の閲覧制限措置を申し出ていた被害者の住所を外部へ漏洩していたことが、1月12日に判明したもの。

同町では、申し出に従って秘密を保持するために、パソコンの画面で注意喚起が2度表示されるしくみになっていたが、職員が情報を漏洩したという。

同町では、流出の経緯など詳細について調査を進めるとともに、対象となる被害者に対して事情を説明し、謝罪している。

(Security NEXT - 2018/02/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

DV被害者の個人情報を加害者へ誤送付 - 札幌市
新コロ対策中小企業支援で相談者情報を外部公開 - 京都市
DV被害者住所をミスで加害者へ漏洩 - 三鷹市
患者情報含む私物USBメモリが所在不明 - 広島市
顧客情報を漏洩した元職員が逮捕 - 百十四銀
ユーザーの収益情報など外部から閲覧可能に - 動画サービス運営会社
三菱電機、個人情報や機密情報が流出 - ログ消去の妨害も
一部「note pro」利用者情報が閲覧可能に - Googleフォームの設定ミスで
小説投稿サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
リース返却後の内部情報入りHDDがオークションに - 神奈川県