Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2月は「サイバーセキュリティ月間」 - 新版情報セキュリティハンドブックにアプリも

政府は、サイバーセキュリティに関する啓発を目的とした「サイバーセキュリティ月間」を2月より全国で展開する。期間中は、イベントの開催や啓発用ウェブサイトを活用した情報発信などが予定されている。

20180118_ni_001.jpg
アプリの公開も予定されている「ネットワークビギナーのための情報セキュリティハンドブック」

内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)では、2月1日から3月18日(サイバー)までを「サイバーセキュリティ月間」としており、政府機関や関係団体による連携のもと、サイバーセキュリティに関する普及啓発活動を推進する。

2018年は、「サイバーセキュリティは全員参加!」をキャッチフレーズに掲げ、2月1日にニコファーレで開催される「キックオフサミット」を皮切りに、各省庁対抗による競技形式のサイバー攻撃対処訓練のほか、インターネット安全教室やセキュリティセミナーなどを全国各地で開催する。

また、SF作家である長谷敏司氏原作のTVアニメ作品「BEATLESS」とのタイアップ企画を展開。同作品のイラストを用いたタイアップポスターを全国の関係機関に配布するほか、ウェブバナーを提供する。

さらに、同センターの啓発サイト「みんなでしっかりサイバーセキュリティ」では特設ページを開設。PDFや電子書籍で展開する「ネットワークビギナーのための情報セキュリティハンドブック」の新版「同ver.3.00」について普及を図り、あらたにアプリも用意するほか、サイバーセキュリティに関する日替わりコラムを掲載する。これまで同様、SNSを活用した情報発信に関してもあわせて推進していく。

(Security NEXT - 2018/01/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ分野の総務大臣奨励賞を発表 - 早大教授の森達哉氏ら受賞
「サイバーセキュリティ月間」がスタート - 日米豪印による連携も
若年層向けセキュリティ啓発コンクールの受賞作品を公開 - IPA
「セキュリティプレゼンターカンファレンス」をハイブリッド開催 - IPA
IPA、ビジネスメール詐欺対策の特設ページを開設 - 啓発チラシなども用意
ベンチャー3社、「プライバシーテック協会」を設立
「ICTサイバーセキュリティ総合対策2022」を公開 - 総務省
100社限定で中小企業の「EDR」体験導入を支援 - 東京都
「情報セキュリティ白書2022」の無料PDF版を公開 - IPA
東京都、若年層向けにSNSトラブル防止動画コンテストを開催