Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設

PwCサイバーサービスは、IoT製品や組み込み機器の脆弱性診断に特化した「ハードウェアハッキング・ラボ」を開設した。

車両システムなどのIoT製品や組み込み機器、プラント設備などを対象とした脆弱性診断に注力するもの。チェックリストによる診断ではなく、攻撃者の視点から評価するブラックボックステストを提供し、ソフトウェア、ハードウェアの両側面から脆弱性を診断できるとしている。

ファームウェアに対しては、アーキテクチャに依存せず、ブラックボックステストおよびホワイトボックステストに対応。製品を分解して機器を分析し、ファームウェアで発生する可能性のある問題を探索する。

また同社では、車両システムに対するテストにおいては、車両システムと連携する機器やサーバ、スマートデバイスなど、総合的なハッキングテストサービスも提供するとしている。

20171206_pw_001.jpg
攻撃者視点で実施するセキュリティ評価(図:PwCサイバーサービス)

(Security NEXT - 2017/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Akamai、WAFとAPI防御を統合したWAAP「App & API Protector」を発表
マルウェア対策やアクセス制御などモバイル向けソリューションを展開 - Jamf
ウェブアプリ開発プロセスでの利用を想定した脆弱性検査サービス
ユービーセキュア、攻撃対象領域の調査サービスを開始 - 設定不備や機微誤公開も
あの人気セキュリティ書籍も半額 - Amazonで9月2日までセール中
ホスト型WAFに新版、Cookie保護を強化 - JP-Secure
Linuxサーバの脆弱性可視化サービス - サイバートラスト
攻撃プランを自動生成する脆弱性評価用の模擬攻撃ツール - OSSで公開
東京商工会議所、会員向けセキュ対策でコンソーシアムを発足
VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス