Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

迷惑メール対策カンファレンスを大阪と都内で開催 - IAjapan

インターネット協会(IAjapan)は、迷惑メール対策カンファレンスを大阪と都内で開催する。

同カンファレンスは、メールサーバ管理者やメールサービス担当者などを対象に、迷惑メールの現状や、迷惑メール対策技術、各事業者の取り組みなどを紹介するイベント。「Email SecurityConference 2017」と合同で開催する。

2017年度は、送信ドメイン認証技術「DMARC」を中心に取り上げる。同技術の関連技術である「ARC」「BIMI」を含む技術内容を紹介するほか、同技術の特徴でもある DMARCレポートの内容やその活用方法について解説する。

大阪会場はグランフロント大阪。東京会場はJPタワー。定員は大阪が各セッション70人で、東京は60人。先着順で、すでに満席となっているセッションもある。イベントの詳細や申し込みは、案内ページから。

(Security NEXT - 2017/08/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MTAの「Exim」に21件の脆弱性 - 最新版へ更新を
メールアカウントに不正アクセス、情報流出の可能性も - デンヨー
福岡県の水産支援システムがスパム踏み台に - 1日あたり約20万件
SMBC信託銀のクラウド設定ミス、暗号化暗証番号が平文で閲覧も
メールアカウントに不正アクセス、情報流出の可能性 - 遺伝子解析ベンチャー
LINE、中国におけるコミュニケーション関連の開発運用を中止
問合フォームが悪用被害、スパム送信の踏み台に - 日本事務器
国内ではブラウザ上でのマルウェア検知が7割超 - ESET
東大総長を装う「なりすましメール」に注意
メールアカウント2件に不正アクセス - 板橋区医師会