Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

水俣病の認定申請資料に関係ない個人情報、墨塗りを失念 - 新潟県

新潟県は、水俣病の審査請求人の資料を国の不服審査会に提出した際、請求者とは関係ない個人情報の記載部分について墨塗りを忘れたため、個人情報が漏洩したことを明らかにした。

同県によれば、公害健康被害の補償等に関する法律に基づき、水俣病の認定審査について不服を申し立てた審査請求者に関する資料を国の不服審査会に提出したが、関係ない他認定申請者に関する個人情報が記載されたままだったという。7月12日に判明した。

不服審査会から資料の写しを受け取った審査請求の代理人が気付き、同県に連絡したことで問題が発覚した。資料に記載されていたのは、審査請求人以外の水俣病認定申請者10人の氏名や住所、生年月日、性別など。本来は黒塗りで隠して提出するはずだったが、職員が失念したという。

同県では、対象となる関係者に謝罪。個人情報が記載された資料の回収を進めている。

(Security NEXT - 2017/07/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

公開講座申込者のメールアドレスが流出 - 福井県立大
発表前の配信代行プレスリリースに外部アクセス、URLを推測か - PR TIMES
中学校で答案をサイトで誤掲載、共有フォルダ内で取り違え - 中津市
県立高サイトで進路先など個人情報を誤掲載 - 宮城
ランサム被害で顧客や関係者の情報が流出した可能性 - サブウェイ
「ワクチン接種予約システム」の脆弱性、個人情報500件閲覧の可能性
メルカリが不正アクセス被害 - 開発ツール「Codecov」侵害の影響で
原子力規制委への不正アクセス、VPNの既知脆弱性が起点に
公表資料で個人情報の黒塗り加工に不備 - 岐阜大
聖火ランナーの生年月日を報道発表資料に誤記載 - 佐賀県