Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

3月にウェブ経由の攻撃が増加、前月の1.5倍に - 「Necurs」復活でスパム増加の兆し

3月はウェブ経由の攻撃が増加し、前月の約1.5倍が観測された。一方、マルウェアのあらたな亜種は減少したという。

20170418_sy_001.jpg
あらたに観測されたマルウェア亜種(グラフ:Symantec)

米Symantecが、3月の同社における観測状況を取りまとめたもの。

あらたに観測されたマルウェアの亜種は7750万件で、前月の9410万件から減少した。

しかしながら、前月に引き続き「Kotver」の活発が目立っており、2016年12月の19万5000件や、2017年1月の32万9000件と比較すると、依然として高い水準で推移している。

一方同社が遮断したウェブ経由の攻撃は、1日あたり58万4000件。前月の39万4000件から約1.5倍に増加し、2016年7月以来の高水準だった。

(Security NEXT - 2017/04/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサム検知数が前年の約2.8倍に - カスペまとめ
個情委への漏洩報告が約3倍に - 医療機関や不正アクセスなどに起因
一時操業停止にも至ったサイバー攻撃 - 侵入口は廃棄直前の「VoIP GW」
3Qのセキュ相談、偽SMSが3.1倍 - 「Emotet」関連は大幅減
3Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんは増加
企業の24.2%「1年以内にサイバー攻撃を受けた」 - TDB調査
フィッシング悪用ブランド、「au」が世界2位 - 「Emotet」国内活動は7割減
J-CSIPへの情報提供が約2.6倍に - 過去の受信メールにも注意を
2021年に観測が多かったマルウェア、大半が5年以上活動 - ランサム感染にも関与
テレワークで機密情報の特例持出が増加 - ルール遵守、半数近くが「自己確認」のみ