Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウェアメールが大幅減、「Necurs」停滞が影響か - 新種マルウェアは3290万件

マルウェアへ感染させることを目的としたメールが、1月に大幅に減少したことが米Symantecの調査で判明した。一方でウェブ経由の攻撃は増加したという。

20170223_sy_001.jpg
マルウェア感染メールの割合(グラフ:Symantec)

同社が1月の観測状況を取りまとめたもの。同社によれば、マルウェアを感染させるために送信されたメールは、722件に1件の割合で、98件あたり1件だった2016年12月から大幅に改善した。

背景には「Necurs」ボットネットの活動が停滞していることにあると同社は分析しているが、一時的な動きの可能性もあるという。

あらたに観測されたマルウェアの亜種は、前月の1950万件から3290万件に急増した。4500万件以上で推移し、ピークを迎えた10月には9610万件に達するなど大量の新種が出回った2016年8月から11月までの水準には届かないものの、引き続き警戒が必要となる。

(Security NEXT - 2017/02/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ分野の「総務大臣奨励賞」が決定
フィッシングにパーソナライズの傾向 - 狙われるブランドは変わらず「MS」
10月のフィッシング報告、過去最高更新 - URLは約17%減
9月のDDoS攻撃、前月比約1割増 - 攻撃の規模や継続時間は縮小
「TCP 445番ポート」宛てのパケットが増加傾向 - JPCERT/CC観測
2020年2Qのフィッシング攻撃は35%減、国内ホストは32件 - RSA調査
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」
大量スパム配信から「Emotet」に攻撃トレンドがシフト - OS非標準のzip暗号化で検知回避か
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加