Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

再委託先が事務所荒らし被害で顧客情報盗まれる - 東京みどり農協

東京みどり農業協同組合は、業務の再委託先において顧客情報を紛失したと発表した。

同農協では、ガス工事について全国農業協同組合連合会へ業務を委託しているが、同連合会の再委託先であるトップワークが、2月9日未明に事務所荒らしの被害に遭い、個人情報を保存していたパソコンが何者かに盗まれたという。

持ち去られたパソコンには517人分の個人情報が保存されており、氏名や住所、工事に関する情報が含まれる。同農協では、被害を警察へ届け、関連する顧客へ謝罪や事情説明を行っている。

(Security NEXT - 2008/02/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人の同意に基づいたデータ流通を実現するサービス - 日立
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
健康食品通販サイトでクレカ情報が流出 - 不正利用の可能性
検定合否情報など含むファイルをメールに誤添付 - 企業環境リスク解決機構
職員が不正ログイン被害、なりすましメールが送信 - 国立環境研究所
WordPress向けカートプラグインにXSSの脆弱性
個人情報の漏洩や紛失などの報告、2020年度は4141件 - 個情委
「Apache httpd 2.4.48」がリリース - 脆弱性8件を修正
ウェブアプリや周辺インフラにも対応する脆弱性診断サービス
「JSAC2022」を2022年1月に開催、2日間に拡大 - CFPもスタート