Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサム被害者の15%が支払に応じる - 5万円以上が3割超

過去3年間にインターネットユーザーの4.5%が「ランサムウェア」の感染被害に遭い、そのうち15.2%が身代金を支払っていたとの調査結果をMS&AD基礎研究所が取りまとめた。支払金額は、5万円以上が3割超に及ぶ。

同社が11月にセキュリティ被害の実態調査を実施し、結果を取りまとめたもの。過去3年間にメールや電話による架空請求、アカウントの乗っ取り、従来のマルウェア、ランサムウェア。フィッシング詐欺、迷惑メール、ワンクリック詐欺など9種類の脅威について、1種類以上を経験したことがある1000人を対象に遭遇した経験や被害の有無、対処など尋ねた。

実際に被害に遭ったり、連絡を受ける、画面に表示がされるなど、脅威に遭遇した人の割合を見ると、「メールでの架空請求」が48.5%でもっとも多く、次いで「ワンクリック詐欺(29%)」「アカウント乗っ取り(26.5%)」と続く。

「ランサムウェア」は11.2%で今回調査対象となった9種類の脅威のなかで遭遇率はもっとも低いが、そのうち40.2%が実際に被害を経験していた。

脅威へ遭遇した割合(グラフ:MS&AD基礎研)
脅威へ遭遇した割合(グラフ:MS&AD基礎研)

(Security NEXT - 2016/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
クラウドでのデータ侵害、構成ミスが8割強 - IBM調査
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
セキュ投資少ない企業、インシデント潜在化のリスク
中堅企業4社に1社、直近3年間にセキュ事故経験
2019年のマルウェア届出は259件 - 18件で被害
2割弱の中小企業が被害経験 - 「攻撃対象となる可能性高い」6.2%
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
10月は「Emotet」が急増 - 3カ月間の休止経て