Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「公的個人認証サービス利用者クライアントソフト」の提供が再開

地方公共団体情報システム機構(J-LIS)が提供する「公的個人認証サービス利用者クライアントソフト」のWindows向けインストーラーに脆弱性が見つかった問題で、脆弱性の修正が終了し、同ソフトの提供が再開されている。

問題となった「CVE-2016-4902」は、検索パスの指定に脆弱性が存在。悪意あるライブラリファイルを読み込み、コードを実行されるおそれがあった。

「Windows 7」以降向けのバージョンについては、メインテナンスが終了したとして10月31日より修正版が公開されていたが、公開が遅れていた「Windows Vista」向けのバージョンについても配布が再開されている。

同機構では、インストーラーのプロパティ画面にあるデジタル署名のタブからタイムスタンプを確認し、最新のインストーラーであることを確認した上で利用するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
さよなら「Adobe Flash Player」 - 年末でサポート終了
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
メールセキュ製品「InterScan Messaging Security」に複数の脆弱性
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
NETGEAR製スイッチの管理画面にCSRFの脆弱性
「JetBrains ToolBox」に深刻な脆弱性 - 開発者とNVDでわかれる評価
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
「Drupal」にRCE脆弱性 - アップロードされたファイルの確認も