Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

公文書公開時に個人情報含む事務処理用リストを誤って提供 - 福岡市

福岡市建設局は、個人の氏名109人分が記載された非公開のリストを、公開請求者2人に誤って提供していたことを明らかにした。

誤って請求者に提供したのは、情報公開請求あたり作成した事務処理用のチェックリスト。建設工事に関する届出書の届出者および解体業者109人の氏名が記載されていた。2007年12月までは、同リストには情報公開請求の受付日と受付番号のみを記載していたが、2008年1月の担当者変更後、誤って届出者の氏名などを記載していたという。

1月25日に行われた2件の公文書公開において誤って提供。さらに同月30日に同様の請求があったが、2月6日に情報公開室の指摘により判明したという。同リストはすでに回収済みで、同市では対象となる関係者に説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2008/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ゴミ分別案内のチャットボット改ざん、不正サイトへ誘導 - 横浜市
小学校で児童の学齢簿などが所在不明 - 名古屋市
サーバがランサム感染、情報流出の可能性 - ランドブレイン
「Salesforce」のアクセス権限設定で不備 - コナミ関連2社
メールアカウントに不正ログイン、外部宛に不審メール - 拓殖大
「障害解消」の通知装うフィッシング - アカウント確認を口実に偽サイトへ誘導
ランサムウェア「Ryuk」にワーム化した新亜種
中小規模組織向けにエンドポイント保護製品 - カスペ
高校で卒業生の健康診断票が所在不明 - 東京都
米政府、「Exchange Server」の脆弱性対応で緊急指令