Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パロアルト、「Traps」を機能強化 - 静的解析機能や隔離機能を追加

パロアルトネットワークスは、同社のエンドポイント向けセキュリティソリューション「Traps」の新版を提供開始した。

同製品は、メモリの保護やコード実行の防止といったエクスプロイト対策機能や、WildFireによる解析および実行制御といったマルウェア対策機能を備えたエンドポイント向けソリューション。

新版では、機械学習による静的解析機能を追加。ファイルにおける数百種類の特性を検証し、マルウェアを検出するほか、同社のクラウドソリューションであるWildFireの情報による育成が可能となっている。また、マルウェアの隔離機能や、コード署名の判定機能を追加している。

(Security NEXT - 2016/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサム被害拡大で重要インフラ事業者に注意喚起 - NISC
凶暴性増すランサムウェアの裏側 - 今すぐ確認したい「意外な設定」
2019年の情報ガバナンスコンプライアンス市場は440億円 - 伸び悩む「DLP」
IT管理ツールにマルウェア対策を追加 - ハンモック
次世代セキュリティ製品の検知回避を狙う「Emotet」
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
仮想環境向けセキュリティ対策製品を機能強化 - カスペ
脅威情報や対策を提供する「MVISION Insights」 - マカフィー
2018年度の国内セキュ市場、前年度比12.5%増 - JNSAまとめ
エンドポイント対策強化するサンドボックスとEDR - カスペ