Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTコムウェア、端末管理ソフトの最新版を発売 - ログ追跡や不正PCの遮断機能を強化

NTTコムウェアは、端末管理ソフトの最新版「AdminITy Ver4.5」の販売を開始する。他ソリューションとの連携強化により、操作ログの追跡や不正パソコンの遮断など機能強化が実現した。

同製品は、情報資産台帳の自動作成からセキュリティ管理、ポリシーに違反した端末の検知、違反項目の修復まで一貫してサポートする端末管理ソリューション。今回の最新版で、あらたにソリトンシステムズの操作ログ収集解析ソフト「InfoTrace Ver1.6」との連携が実現した。これにより、パソコンの操作ログを収集し、追跡することが可能になった。

また、サイバー・ソリューションズのネットワークセキュリティ製品「NetSkateKoban」との連携強化により、ポリシー違反したパソコンをネットワークから自動で強制遮断できるようになった。再接続には管理者の承認が必要となるため、より高度なセキュリティが実現できる。

(Security NEXT - 2007/08/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校生徒の写真データ含む私物スマホを紛失 - 大阪府
MS、4月の月例パッチで脆弱性147件に対応 - 1件は悪用済み
「WordPress 6.5.2」が公開 - XSS脆弱性を修正
第三者にメールを閲覧された痕跡、詳細を調査 - 東芝テック
計算用サーバが攻撃の踏み台に、テストアカを侵害 - お茶大
「SECURITY ACTION」の宣言事業者、約4割が効果を実感
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 複数製品の脆弱性を修正
Adobe、9製品にアップデート - 3製品に「クリティカル」の脆弱性
「FortiOS」に3件の脆弱性 - アップデートにて修正
中学校でアンケート票を紛失、一部が県教委に届く - 春日井市