Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

デジタルアーツ、「i-FILTER」にeラーニング機能を追加

デジタルアーツは、ウェブフィルタリングソフトの新版「i-FILTER 9.3」を提供開始した。

同ソフトは、不適切なウェブサイトへのアクセスを防止する企業向けウェブフィルタリングソフト。

今回リリースした新版では、eラーニング機能「Test Board」を追加した。1日の最初にインターネットにアクセスする際、セキュリティに関する選択問題を表示。毎日1問を出題し、正解しない場合にアクセスを制限できる。

また同バージョンより、情報通信研究機構(NICT)が提供する脅威URL情報をデータベースに追加したほか、SIEM製品との連携に対応している。

(Security NEXT - 2015/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシング詐欺やスパイウェアに対応 - Norton最新シリーズ
ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
「Acronis True Image 2021」が登場 - 上位版にマルウェア対策機能
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
フィッシングサイト、1カ月で5481件 - 報告数とともに最多記録を更新
文教向けにMDMとフィルタリングのパッケージ - ハンモック
フィッシングURL件数、5月も4000件台と高水準 - 報告件数は1.4万件超に
デジタルアーツの「m-FILTER」新版、送信ドメイン認証に対応
クラウド版「GUARDIANWALL Mail」を投入 - キヤノンMJ