Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

dit、操作ログやサーバアクセス証跡の監査ソリューション

ディアイティは、クライアントPCの操作ログやファイルサーバへのアクセス証跡を取得する「Log Audit Tracker 監査ソリューション」を、2015年1月1日より発売する。

20141126_di_001.jpg
Log Audit Tracker構成イメージ(図:dit)

同製品は、従来より提供しているクライアントPCの操作ログ管理製品「Log Audit Tracker Client Edition」に、ファイルサーバに対するアクセス証跡やActive Directoryの変更証跡を取得する「Log Audit Tracker Server Edition」を追加したソリューション。

「Log Audit Tracker Server Edition」では、Windowsファイルサーバをはじめ、Linuxで動作するSamba、EMC VNXシリーズ、VNXeシリーズなどのNASに対応。Active Directoryのユーザー変更、ポリシー変更の証跡も取得することが可能。

また両製品で取得したログ情報をReport Managerにより一元管理し、グラフィカルなレポートとして出力し、ユーザーの操作内容を追跡することができる。

同社では、今後1年間で1万件のサブスクリプションライセンスを目標に同製品を展開していく。

(Security NEXT - 2014/11/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ運用ソフト「LogStare Collector」に新版
法人向けESETエンドポイント製品のWindows版に新版 - 暗号化製品も追加
EDR運用サービスに復旧支援対応など追加 - NRIセキュア
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
特権ID管理ソリューションに新版 - ログ改ざん検知機能を追加
USBメモリ接続だけで情報収集するフォレンジックツール
ゲーム企業向けセキュリティ人材の紹介サービス - C&R社
氏名やIPアドレスの透かしで画面撮影を抑止するソフト
不正通信診断サービスを1月29日まで無償提供 - ALSI
顔認証サービスのパートナープログラムを提供 - パナソニック