Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ゾーホー、ネットワーク監視ソフトの最新版をリリース - UIを見直し

ゾーホージャパンは、監視ツール「ManageEngine OpManager」の最新版「リリース11.3」を出荷開始した。

同製品は、サーバやネットワーク機器の監視ソリューション。サービスやプロセス、URL、パフォーマンス、ログなどの監視が可能で、アラートの発行やレポートを参照できる。

最新版では、ユーザビリティを見直し、表示速度を向上させた。また障害のポップアップ表示や、死活情報のヒートマップ表示が可能。キーボードショートカットにも対応したほか、大量に発生しているイベントの抑止機能なども追加した。

(Security NEXT - 2014/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

機械学習活用したクラウド型DLPサービス - パロアルト
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
大規模環境に対応する制御システム向けIPS製品 - トレンド
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
CTCと日立システムズ、セキュリティ分野で協業
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
パスワード管理アプリに情報流出監視機能 - トレンド
マルチクラウドとセキュリティ対策の管理プラットフォーム - TIS
ログ監視やデバイス制御のクラウドサービス