Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ジャストシステムのアップデートプログラムに深刻な脆弱性 - 多数製品に同梱

複数のジャストシステム製品に同梱されているオンラインアップデートプログラムに脆弱性が含まれていることがわかった。

脆弱性ポータルサイトのJVNによれば、製品に付属するオンラインアップデートプログラムに脆弱性「CVE-2014-2003」が見つかったもの。コンシューマー向けに提供されている「JUSTオンラインアップデート」と、法人向けに提供されている「JUSTオンラインアップデート for J-License」「同管理ツール」が影響を受ける。

今回見つかった脆弱性は、電子署名が正しくない場合もアップデートプログラムを実行するもので、悪用された場合、任意のコードを実行されるおそれがある。問題のプログラムは、「一太郎」や「ATOK」をはじめ、多数製品に同梱されている。あくまでアップデートプログラムに存在するもので、各製品の脆弱性ではないという。

ジャストシステムでは、脆弱性を修正するアップデートモジュールを公開。今回の脆弱性に関して、情報処理推進機構(IPA)では、攻撃が行われた場合に影響が大きいと指摘。できるだけ早急にアップデートモジュールを適用するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/06/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Exim」に脆弱性 - 拡張子による添付ファイルブロックを回避されるおそれ
地理空間データを活用する「GeoServer」の脆弱性攻撃に注意
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
「Joomla」にセキュリティアップデート - XSS脆弱性を修正
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 「regreSSHion」の影響も説明
Palo Alto製品に脆弱性 - 重要度「クリティカル」も