Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

朝日航洋、盗難HDDを回収 - データにアクセスの形跡は確認されず

朝日航洋は、6月26日に盗難に遭った個人情報入りハードディスクが発見、回収したと発表した。同社によれば、翌27日に発見され、7月12日に盗難品であることを確認されたという。

同事件は、同社社員が車上荒らしに遭い、受託先である滋賀県東近江市や兵庫県加東市、岐阜県可児市、関市などから同社が受託していた土地や固定資産に関する情報など約90万件が保存されたハードディスクを盗まれたもの。

翌27日に捜査中の警察により発見され、7月12日に同社の盗難品であることが確認されたという。ハードディスク内のデータを調査した結果、データへのアクセス形跡は確認されなかった。なお、同社では、盗難品の発見について捜査協力のため公表を控えていたとしている。

(Security NEXT - 2006/07/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中学校教諭が車上荒らし被害、個人情報が盗難 - 習志野市
研究者狙うサイバー攻撃、講演や取材の依頼を偽装
「Apache DolphinScheduler」にコードインジェクションの脆弱性
10月は9月同様の大規模DDoS攻撃は観測されず - IIJ調査
ゼロデイ脆弱性に対処した「Microsoft Edge」がリリース
Go向けSAMLライブラリに深刻な脆弱性 - アップデートが公開
修学旅行のテーマパーク内で県立高の生徒情報を紛失 - 埼玉県
市主催イベントの申込者宛メールで誤送信 - 三原市
「VMware Tools for Windows」に脆弱性 - 重要度は「低」
「偽OCN」の請求メールに注意 - 目立つISP装うフィッシング