Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「一太郎」シリーズにコード実行の脆弱性 - アップデートモジュール適用を

ジャストシステムが提供しているワープロソフト「一太郎」シリーズに、あらたな脆弱性が判明した。同社ではアップデートモジュールの適用を呼びかけている。

今回判明した「CVE-2013-3644」は、細工の施された文書ファイルを開いた場合、悪意あるプログラムが実行される脆弱性。攻撃が成功した場合、コンピュータの制御を奪われる可能性があるという。

脆弱性の影響を受けるのは、「一太郎2006」以降のシリーズ製品で、一太郎のほか「一太郎Pro」「一太郎ガバメント」「一太郎ポータブル」「一太郎ビューア」「ジャストスクール」なども含まれる。

同社では、該当製品に対応するアップデートモジュールを提供しており、速やかに適用して脆弱性を解消するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/06/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Exim」に脆弱性 - 拡張子による添付ファイルブロックを回避されるおそれ
地理空間データを活用する「GeoServer」の脆弱性攻撃に注意
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
「Joomla」にセキュリティアップデート - XSS脆弱性を修正
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 「regreSSHion」の影響も説明
Palo Alto製品に脆弱性 - 重要度「クリティカル」も