Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ワークショップ事業でメーリングリストの運用ミス - 豊島区

豊島区は、「虫をつくるワークショップ」事業の参加者3人から送られたメールを、ほかの参加者186人に誤って送信したことを公表した。

同区によると、「としまアートステーション構想」事務局が「虫をつくるワークショップ」にこれまで参加した186人のメーリングリストを作成。2月9日16時19分ごろ案内メールを送信したが、その際送信設定を誤ったため、参加者3人からの返信メールがメーリングリスト登録者全員に送信された。これにより、メールアドレスなどの個人情報が流出した。

同区では流出の対象となる3人に電話で謝罪したほか、メールの受信者に誤送信メールの削除を依頼するなどの対応を実施している。

(Security NEXT - 2013/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラウドデータ消失の「ふくいナビ」、バックアップ判明し復旧へ
福井県の中小企業支援サイトで全データ消失 - クラウド契約先が手続ミス
市管理サーバが迷惑メールを不正中継 - 笠間市
「Apache Tomcat」に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
同報配信にML利用、設定ミスで情報流出 - 鳥取県
教員が都システムから収集したメアド宛にセミナー案内 - 明海大
WP向け寄付管理プラグインに深刻な脆弱性 - ゼロデイ攻撃発生中
メーリングリスト管理ツール「Mailman」にXSSの脆弱性
「BIND 9」のフルリゾルバに脆弱性 - リモートより悪用されるおそれ
OpenSSL、セキュリティ修正を9月22日にリリース予定