Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファーストサーバ、障害の復旧過程で復元データが漏洩した可能性

ファーストサーバは、6月20日に発生した障害の復旧作業に問題があり、復元データが本来の利用者以外に漏洩した可能性があることを明らかにした。

同社ホスティングサービスやクラウドサービスにおいて、大規模障害を受けて復旧を試みた際、利用者とは関係ない他利用者のデータ領域へ誤ってデータを復元させていたことが判明したもの。

不具合は103台のサーバで発生。法人や個人など最大2308の利用者に影響があり、本来とは異なる145の利用者のデータ領域に保存された可能性がある。

漏洩先は同一の物理サーバ内に限られるとしており、1利用者につき、漏洩先は最大6利用者。「ビズ」「ビズ2」「EC-CUBEクラウドサーバ」は1台の物理サーバにつき最大60契約を収容していた。

「エントリービズ」「エンタープライズ3」は1台の物理サーバにつき1契約で、異なる物理サーバ間でデータが流出することはないとしている。

同社では事故原因について調査を進めるとともに、データの漏洩先となった可能性がある顧客に対し、誤って復元したファイルの削除について依頼するなどの対応を進めている。

(Security NEXT - 2012/07/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スキー場の滑走記録アプリに不正アクセス - ログや画像が消失
不正アクセスで個人情報約6.5万件が流出か - 日清製粉関連会社
健康食品扱う複数通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
「障害解消」の通知装うフィッシング - アカウント確認を口実に偽サイトへ誘導
端末の更新を失念、マイナンバーカード手続きで障害 - 長野市
セキュリティ運用ソフト「LogStare Collector」に新版
Android版「COCOA」で不具合 - 実機の動作検証で判明
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド